ジャパンハウス諮問会議 (2015年07月28日)

我が国の海外における新しい広報拠点として計画を進めているジャパンハウス。永田町や霞が関の思考を超えて、新しい発想でこの計画を進めるための諮問会議が昨日、スタートしました。

報道でご覧いただいたかもしれませんが、この道に詳しい大学の先生、経済界、労働界、メディアなど様々な角界の意見、知見を結集して、計画を進めていきます。国際的に活躍されておられる俳優の別所哲也さんや科学未来館長の毛利衛さん、演出家の宮本亜門さんなど著名な方々も名を連ねてくださっています。

我が国の戦後歩んできた道を正しく理解してもらうこと。何をどう、発信していくのか。そして、親日派、知日派の輪を広げていき、ひいては国益に資する広報戦略を行っていきます

昨日の会議で早速、多様なご意見をいただきました。企画競争入札の結果、総合プロデューサーに就任いただいた原さん(代官山のツタヤを手掛けた方です)を触媒として、様々な発信が行われるよう、全力を仕事していきます。

開館は来年度の予定ですが、この9月にはロス、ロンドン、サンパウロの事業者が決まる予定です。

ブログの最新記事