防空識別圏 (2013年12月04日)

中国による防空識別圏の設定が大きな問題になっています。強大化する軍事力を背景に、一方的に力の支配、現状の変更を迫るものであり、絶対に認めることはできません。

原理・原則を国際法にのっとり、きちんと主張し続けることに加え、実効性を担保できる対処をしなければなりません。我が国は譲らないという姿勢を明確にしなければなりません。一方で、不測の事態が起こらないようにすることも注意しておかなければならない。

昨日の安倍総理と米国・バイデン副大統領との会談は、対外的にも成果があるものでした。今朝の自民党の部会で外務省から報告がありましたが、日米同盟の強固さ、我が国の意志を発信し続けることは極めて重要です。

 

ブログの最新記事