オリンピック (2013年09月06日)

約1か月ぶり。ご無沙汰しておりまして、すいません。

オリンピック招致本部の役員として、あちこちに行っておりました。いよいよ間近に迫ってきました。

多くの委員、議員。まさに国を挙げて総力戦での装置活動。最後の一歩です。

多くの方々が、ブエノスアイレスに行かれております。最後の説得に、全員が努力しているのだと思います。

4年前とは状況が全く違い、非常に期待感を持って見守っております。

3都市ともが弱点を抱える異例ともいえる招致レースですが、治安面、コンパクトな開催計画に加え、スポーツの将来への投資計画を表明した「スポーツ・フォア・トゥモロー」など、やはり東京だということを主張してほしいと思います。

安倍総理のスピーチも、きっと IOC委員の胸を打つものになってくれると思います。

私自身は、その瞬間を他の招致メンバーとともに、都庁で迎える予定です。

 

ブログの最新記事