不信 (2007年07月30日)

参院選は惨敗。反省して出直さねばならない。
今回の惨敗の最大の原因は、「不信」という言葉に集約されると思う。年金制度を含めた社会保障への不信。政治とカネへの不信。様々な政治に対する不信が積み重なって、この結果を招いたのだと思う。
税金で歳費がまかなわれて、政治活動をしている以上、説明責任が生じるのは当然だ。その原点に返らねばならない。それが出来てないから不信を生じた。
年金だって、本来は、「年金をもらう権利のある人に、きちんと年金が渡るようにする」ということが、出発点のはずなのに、制度や責任追及の議論ばかりになった。これはこれまでの説明責任を果たしていないから、こういう自体になるのだ。
説明をするということは、政治家の義務である。当たり前のようにそのことを行ったうえで、こういう国家を目指したいという前向きの議論による選挙が出来るように、大いに自戒せねばなるまい。

ブログの最新記事