出張 (2004年10月09日)

長崎へ。諫早湾の視察。三番瀬を地元に抱える私としては、ぜひ一度、見ておきたかったところでした。
あれだけ反対の多かった埋め立て。すぐ近くに住んでいる人たちに話を聞くと、意外にも賛成の方が多い。(用意してもらった地元の人ではないので、あるていど正確な声だと思います)
その理由とは、「台風が来たのに、水害がなかったから」。40年ほど前に750人近い死者を出すなど、水害に苦しめられてきた人たちにとっては、農地がどうこうよりも、水害対策の側面が大きいようです。
やはり、現地で生の声を聞いて見なければ分からない」と痛感しました。
余談ですが、台風の影響で、東京に飛行機で戻れず、長崎から伊丹に空路でとび、新幹線で名古屋に。運転再開を待って東京に帰るというとんでもない一日でした。

ブログの最新記事