実績

実績 地元のための取り組み

地元のための取り組み
ご存知ですか?そのうら健太郎が地元市川・浦安のために行った取り組み!

外環道(東京外かく環状道路)
東京外かく環状道路
三郷南IC~東関東自動車道 高谷JCTまでの区間が2017年度に開通予定。
完成後は湾岸線から常磐道まで約15分で結ばれます。遅れていた工事の早期完成に尽力。
都市計画道路3・4・18号線開通
都市計画道路3・4・18号線開通
都市計画道路3・4・18号浦安鎌ケ谷線の未開通区間であった、国道14号から本北方橋までの約1.6キロメートル区間が、平成28年11月10日(木)に開通いたしました。
行徳橋の架け替え
行徳橋の架け替え
市川市の南北を繋ぐ、行徳橋の早期建て替えに尽力。
妙典橋の新設
妙典橋の新設
市川市内の行徳と市川を繋ぐ妙典橋の早期開設に尽力。
下水道浸水被害軽減総合事業の推進
下水道浸水被害軽減総合事業の推進
気候変動にる短時間大量雨水から市民生活を守る対策として、市街地における貯留浸透施設、地下貯留施設、排水施設の整備等、下水道浸水被害軽減総合事業を推進中。
京成電鉄本線の高架化など
京成電鉄本線の高架化など
市川市南北間の交通円滑化に必須である京成本線の高架化や主要道路のアンダーパス化などを推進中。地域における長年の要望であった市川市東部からJR下総中山駅までのバスルートの新設なども実現。
救急医療体制等の整備
救急医療体制等の整備
移転することとなった国立精神・神経センター国府台病院の後継病院として、「国立国際医療センター国府台病院」を誘致し、総合病院化を実現。平成20年4月に開院するとともに、新しい医療棟開設も準備中。
市川社会保険事務所の設置
市川社会保険事務所の設置
年金等の手続きの利便性向上のため、JR市川駅北口に、市川社会保険事務所を誘致、平成20年3月に開設。
羽田空港拡張等に伴う騒音対策
羽田空港拡張等に伴う騒音対策
平成22年度の羽田空港新滑走路供用開始により増加が予想される浦安市南部の航空機騒音対策として、飛行ルートの再変更に取組み中であるとともに、現行飛行ルート下にある市川市行徳地域の騒音軽減にも取組み中。
東京都間の道路網整備(架橋)
東京都間の道路網整備(架橋)
東京都江戸川区との間の架橋新設など、都県境の交通の至便化を推進中。
外環道路の建設促進
外環道路の建設促進
都市間交通ネットワークの形成のみならず、南北方面へのアクセスや慢性的渋滞に悩まされている市川市の道路事情を解決する基幹的道路となる東京外かく環状道路(外環)の平成27年度完成を推進中。国道357号線高谷JCT予定地~京葉道路市川IC間の一般部(国道298号)の先行整備を実現。
JR京葉線の騒音対策と増発
JR京葉線騒音対策と増発
レールの継目において発生する騒音対策として、レールをロング化するとともに、朝のラッシュ時の電車増発も実現。
高速湾岸線等の騒音対策
高速湾岸線等の騒音対策
高速道路本線及び側道に防音壁を改良・設置し、近隣住宅等への騒音の緩和を実現。
交差点等の改良による渋滞解消
交差点等の改良による渋滞解消
国道357号線の連続立体交差化や、少額の投資で効果的な方法として市川インター北口及び舞浜交差点に左折レーンを新設するなどにより、慢性的な渋滞解消を実現。
災害時物資輸送桟橋の整備
災害時物資輸送桟橋の整備
国道14号線市川橋等主要橋梁の耐震化工事を推進するとともに、万一、大地震により東京等との交通・輸送手段が断絶した場合の備えとして、江戸川沿岸に、船舶による人や物資等の輸送用桟橋の新設も実現。
お年寄に優しい河川堤防のスロープ化
堤防のバリアフリー化
河川敷がお年寄にも親水・憩いの場となるよう、江戸川堤防のバリアフリー化(スロープ化)を推進中。
江戸川の護岸強化など
江戸川の護岸強化
高潮・津波・地震・洪水等の際にも心配の無いように、江戸川の川岸を、危険度の高い河口から順次強固な護岸に改修中。