会期の問題 (2011年05月25日)

今朝は本八幡駅でした。ありがとうございました。
さて、来月22日の会期末をもって、国会を閉会するという話が語られています。本当でしょうかね。
この大変な時に、延長を拒否すべきではないです。もし、閉じるならば、直後に臨時国会を召集すべきです。
震災復興、福島原発は現在進行形です。事態の急変がないなんて、だれも断言できません。そんな状態で国会を閉じ、いざという時に必要な法案、国会承認などの手続きはどうするのか。
現在は非常事態です。非常事態には非常事態の対応をせねばなりません。それが出来ないならば、速やかに退陣すべき。
国民の生命、財産を守るという国家として一番基本となる仕事を放棄するようでは、もう政府と呼べるシロモノではない。
むしろ、通年国会をやるべきだと思っています。

ブログの最新記事