ビンラーディン (2011年05月06日)

ゴールデンウイーク。皆様、いかがお過ごしですか。間際になって、近場の観光地の予約が増えたとか。経済のことを考えるとよいことです。
9・11テロの首謀者とされる、ビンラーディンが殺害されたと言うニュースが世界を駆け巡りました。日本人も大勢の方が亡くなったテロ事件。アルカイダの象徴的な人物が殺害されたというのは、一つの節目に間違いないでしょう。
ちょうど、新聞社の広報部にいた時代でした。さながら映画のワンシーンのような映像を覚えています。
オバマ大統領がメッセージの中で、「ムスリム(イスラム教徒)と戦っているのではない」と強調していたように、対立の構図を大きくしてはなりません。テロ組織を弱体化し、抑え込まねばなりません。報復テロへの体制も整えねばなりません。
決して、終わりではないということを肝に銘じて、わが国も対策をしていかねばならないです。

ブログの最新記事