閣内不一致 (2010年03月26日)

どうしてと思い始めている方も多いのではないか。

普天間の迷走、郵政の問題。内閣というのは、総理の下で一致団結して国の進むべき方向性を決めるはず。確信なのか、調整ができないのか。迷走が続けば、どうなるか。

普通に考えれば、閣僚が総理の了解なしに記者会見をして「政府の考え方」を発表するわけがない。暴走しているならば、更迭も辞さずの態度で臨むべき。いったい、どちらなのだろう・・・。

さあ、出かけてきます。

ブログの最新記事