JAL (2010年01月14日)

今朝は、非常に寒かったですね。

JALの話が佳境を迎えつつあります。高給の話や組合との問題、航空機の更新の遅れなど、様々な要因が重なったのでしょうが、「親方日の丸」的な体質も、見聞きしてきました。

現場で一生懸命働いている、働いてきた知り合いもいます。しわ寄せはいつも・・・という気もしないではありませんが、フラッグキャリアは守らねばなりません。

北京、上海、ソウルなどとのアジアの航空競争時代を迎え、国益としての判断をせねばならぬ。そんな局面です。

ブログの最新記事