党人事 (2009年06月30日)

党の役員人事や内閣の補充をやるとか、やらないとか、いろいろな方が様々なことを言われている。まあ、思いや意見を表明するのは良いが、やるなら協力するだの、しないだのまで言及されている。

人事権は組織としてだれにあるのか。新総裁の選出からまだ、1年もたっていない。それなのにこれでは、なんなのだ。自民党という組織の一員であるならば、特に国民の皆様の審判を仰ぐ総選挙を目前に控え、一致団結して、事にあたるのが、組織として当然ではないか。

自民党ではなく、自分党だというならば、どうぞ勝手にやられたらいい。出て行けばいい。自民党の支持率を落としているのは、ほかならぬ、自民党自身だ。こうしたゴタゴタが続く政党が、飽きられるのは当然だ。党が団結して、景気対策を始めとする様々な課題に対処することこそ、要である。今こそ、一致結束する時のはずだ。

今日は、国会。来客や官邸での打ち合わせなど。

夕方から地元でお通夜に出席しました。

ブログの最新記事