臓器移植法 (2009年05月22日)

国会内で、臓器移植法の勉強会。A、B、C、Dと4つの案が出てきて、この国会で成立させねばとか、どれも過半数に達しないのではないかなどと情報が飛び交っている。

年齢を12歳に引き下げるというB案。今よりも厳格化されるであろうC案。

私自身は、我が国の人たちが外国に臓器を買いに行くというのは、正しい姿だと思っていないし、国内できちんと出来るようにすべきだと思っている。したがって、B案、C案に賛成することはない。

医学的な要素だけではなく、「人の死」という宗教的な要素も含まれている問題。党としても党議拘束はかけない方針だから、議員1人1人の判断が試される。今のところ、私自身はD案が良いのではないかと思っているが、最後まで、内なる声と向かい合いつつ、結論を出します。

今日は、市川市手をつなぐ親の会に出席。ごあいさつ。

国会での勉強会や仕事の後、地元で懇親会。

ブログの最新記事