千葉県知事選 (2009年03月29日)

千葉県知事選挙は森田健作候補の予想以上の圧勝となった。小沢代表の話など様々な分析がなされているが、私自身は既成政党に対するNOを突きつけられたものだと理解している。

民主党色を出した吉田候補、自民党の一部と公明党が支援した白石候補には、連日のように中央政界から著名人が駆けつけた。にもかかわらず、この結果というのは、自民党とか民主党とかいうレベルではなく、現在の政党に対する不信任が突きつけられたものだと考えざるを得ない。

信頼回復への道は険しい。しかし、少しずつでも確実に、理解を得ていく努力を、すべての政治家がしなければならないことだけは明白だ。政局あって、政策は二の次という国会戦術に国民は飽きている。そのことだけは肝に銘じなければならない。

今日は終日、地元。青年会議所の例会、お世話になった方の法事、各地でのお花見、神輿連合会の懇親会などをめぐりました。

ブログの最新記事