食の安全 (2009年03月24日)

衆院本会議。農林水産関係の3法案を可決。1つは、米穀の新用途への利用促進に関する法律案。要するに、米粉などの利用を促進して、自給率のアップなどを目指す法律。

2つめは、米穀の取引に関する情報の記録、及び産地情報の伝達に関する法律案。これは、食料の産地偽装や食料でない米を食料として流通させていたことなどの問題を受けて、表示の適正化とまともな流通を確保しようという法律案。こんなのは、真面目に商売をしている人にとっては、当たり前のこと。わざわざ法律でやらなければならないところが、日本人の道徳観が低くなっていることを如実に示している。にしても、食品の安全はどうしてもやらねばならないので、重要な法案だ。

3つめは主要食糧の価格の安定に関する法律の改正案。これも、米を扱う業者が守るべき事項を定めるものでした。

そのほか、産業活力再生特別措置法の改正案が審議入り、同意人事もありました。

党本部で日教組問題の勉強会。行き過ぎた性教育や、内部の文書で新しい学習指導要領に従わないことを明記するなど、とんでもない先生たちの実態。対処方針も話し合わねば。

夕方から官邸での打ち合わせ。

夜は地元。市川ライオンズクラブで講演をいたしました。

ブログの最新記事