人権擁護法案 (2008年06月03日)

午前、国会見学や来客。
外務省の北米1課長と打ち合わせ。若手議員同士の日米議員交流を立ち上げる準備を進めている。
米国では中国のロビー活動がかなり盛んに行われており、非常な危機感を抱いています。10年後、20年後を見据えて、今から議員同士の交流をしたいと考えています。
官邸とホワイトハウスだけの関係ではなく、議会同士(キャピトルヒルとナショナルダイエット)の相互理解を今からしておく必要性を痛感しています。
昼食は国会見学の皆さんと党本部にて。誕生日ということで、ケーキもいただきました。
午後からは衆院本会議。北朝鮮に関する制裁の延長、少年法の改正案などを可決。重大事件の場合には、少年事件であっても、被害者による裁判傍聴ができるようになります。
終了後、人権擁護法案についての勉強会。中川昭一代議士、島村代議士、平沼代議士らとともに。知れば知るほど危険な法案。国民にとって有害としかいいようがありません。
夕刻より、オックスフォード大学の小松教授を招いて、有志による勉強会。世界情勢など。
夜は桜田代議士のパーティーなど。

ブログの最新記事